普通自動車を売る際の必要書類

車検で必要な納税証明書や保険証明書

中古の普通自動車を売却する際には、自動車検査証をはじめとして、車検の際に必要な書類を揃えなければなりません。自動車検査証は、保安基準に適合した車であると証明する書類です。通常、所有者の氏名は、売却者本人と一致することが必要です。また、中古車の売却には、車検に必要な自賠責保険証明書も欠かせません。自賠責保険は、事故で他人を死傷させた場合に賠償を保証する強制加入保険です。自賠責保険の有効期間は1年なので、売却したい時に保険が切れていると、売却できません。さらに、自動車納税証明書も中古車の売却時には不可欠です。車検証に記載された所有者には、自動車税の納付が求められます。車検の際に提出が不要になったため、自動車納税証明書を紛失してしまうオーナーもいますが、税事務所に行けば再交付してもらえるでしょう。

実印に関する証明書なども必要

中古の普通自動車売却には、所有者の実印とその印鑑登録証明書が必要です。実印は、所有者が住民登録をした市区町村で印鑑登録をしなければなりません。印鑑登録証明書は発行日から3ヶ月以内であることを求められますが、一旦登録すれば、役所や出張所のATMで簡単に印鑑登録証明書を発行してもらえます。また、自動車リサイクル法で規定されたリサイクル料を支払ったことを証明するリサイクル券も用意しなければなりません。中古車売却後は、リサイクル料金の払い戻しを受けられます。リサイクル券を紛失しても、自動車リサイクルシステムのサイトを検索し、自動車リサイクル料金の預託状況にアクセスすれば再発行が可能です。それから、売却した後代金を受け取るために振込口座情報も提供する場合もあります。