書類準備の注意点

必要な書類を正しく理解する

自動車を売る際は法律に基づく手続きが必要です。専門業者に買い取ってもらうのが一般的な方法ですが、自動車の所有権を譲渡する形になるので、様々な書類を用意しなければいけません。車検証や納税証明書、自賠責保険証が無ければ売却の手続きを行うことはできません。また、リサイクル券はすでに自動車リサイクルに必要なお金を支払っている証明になるので併せて用意することになります。普通自動車を売却する場合は3か月以内に発行した印鑑証明書も忘れてはいけません。自動車を購入した後に引っ越しなどの理由で住所を変更した場合は住民票も必要です。自動車の名義変更を業者に代行してもらう場合は委任状を作ってもらい、サインすることになります。

書類を準備する際にありがちなトラブルについて

車検証の所有者と使用者の項目は通常、自動車を所有する人の名前が記載されています。しかし、自動車をローンで購入した場合、支払いが完了するまではディーラーやローン会社の所有物です。ローンの支払いがすべて終わっても車検証の書き換え手続きを行わないと自動車の所有権が移行しません。名義がディーラーやローン会社のままでは売却ができないので、支払いが完了したら速やかに書き換え手続きを行う必要があります。納税証明書や自賠責保険証を紛失したままの状態でも売却はできないので、税事務所や保険会社に問い合わせて再発行してもらうことになります。印鑑証明書は過去3か月以内に発行した物に限って有効なので、自動車の売却が決まってから交付してもらうのが賢明です。

中古車のリースを利用するときには、メンテナンス費用も入っているかどうかについて確認しておくようにするといいでしょう。